どういった方法なのか

入れ歯だと歯の見た目や噛み合わせが気になる。でもインプラントは少し心配。そんなあなたは大阪で安心安全なインプラント治療を受けてみませか?まずはカウンセリングから。

歯というのは、歯根、歯槽骨に支えられて固定されています。なのでインプラントにおいても、人工の歯根・歯槽骨を埋め込むことから始まります。
歯を失った歯茎の部分に、フィクスチャーと呼ばれる歯根、金属でできたネジを埋め込みます。これによってしっかり固定がされるので、怖がる必要はありません。当然麻酔を打ってからの作業になります。
ネジを埋め込んでから安定するまで2ヶ月ほど経過を見ます。それから、アパットメント=人工の歯をかぶせ固定します。
治療期間は3ヶ月、長くて半年かかりますが、天然の歯に限りなく近い噛み合わせや噛み心地を感じることができるようになります。天然の歯の80%は回復が見込まれるそうです。
歯科によってはしっかりと定期健診でメンテナンスを行なってくれるところもあるので、そういったアフターケアも万全な歯科を探すのが、インプラントと長く付き合っていく要因になります。

一方でインプラントに向かない人もいます。それは歯磨きを怠る人や、定期検診を怠る人。インプラントとは人工の歯とはいえ、しっかりとしたケアができなければ新たな口腔内のトラブルを招きます。
インプラント治療が完了したら、ケアを徹底的に行う必要があります。

色々なクリニックがありますが、本当に利用して良かったと思えるインプラント治療は世田谷にあります。実績のあるクリニックだから安心ですよ。